リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

民法「第三者のためにする契約」についての試験対策、要点まとめ

民法537条は、次のように規定しています。

 

契約により当事者の一方が第三者に対して

ある給付をすることを約したときは、

その第三者は、債務者に対して直接に

その給付を請求する権利を有する。


2  前項の場合において、

第三者の権利は、その第三者が債務者に対して

同項の契約の利益を享受する意思を表示した時に発生する。

 

これをいわゆる

「第三者のためにする契約」

といいます。

 

例えば、AがBに物を売却し、

その代金はCに支払ってくださいという契約です。

 

この場合の

Aを要約者、Bを諾約者、Cを受益者

といいます。

 

受益者が利益を享受する意思表示をした際に、

契約が成立するということに注意してください。

なお、契約の段階で、

受益者が現存していなくても、

受益の意思表示をする際に

受益者が現存していれば、足ります。

 

スポンサードリンク

 

試験対策としておさえておきたいこと

・要約者と諾約者は、

受益者が受益の意思表示をする前であれば

契約の内容を変更することができる。

 

・契約に解除原因がある場合でも、

受益者は解除権を有しない

(契約当事者は要約者と諾約者で、

受益者は契約当事者ではない)

 

受益者は民法94条2項の

「善意の第三者」にはあたらない

(要約者と諾約者の契約が通謀虚偽表示の場合に、

受益者が善意であったとしても、

要約者と諾約者はその無効を

受益者に対抗することができる)

 

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋トップへ

 
 

試験対策・要点まとめコーナー

(今、あなたが見ているこのページはリラックス法学部「試験対策要点まとめコーナー」です。)


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク