スポンサードリンク

相続に関する規定・民法第882条~第959条のポイントをわかりやすく解説

リラックス法学部 リラックス条文 >民法第882条~第959条

 

 

民法 相続

民法第882条~第959条では相続について規定しています。

882条~885条は相続の総則、

886条~895条は相続人、

896条~899条は相続の効力の総則、

900条~905条は相続分、

906条~914条は遺産の分割、

915条~919条は相続の承認及び放棄の総則、

920・921条は単純承認、

922条~937条は限定承認、

938条~940条は相続の放棄、

941条~950条は財産分離、

951条~959条は相続人の不存在について規定しています。

 

884条でまた年数の関する規定が

登場しますので他の年数を規定

した条文とまざらないように、確認しましょう。

 

相続に関しては誰が、

どれだけの相続分なのか条文の文章

だけではわかりにくいと思いますので、

図を書いて確認していきましょう。

 

相続人の欠格事由をきちんと覚えていないと、

司法書士試験の場合は

どの人物を相続人として

相続登記を行うかというような問題で

ガタガタとなりますので、

しっかり把握しておきましょう。

 

廃除はだれがどんな場合に

どのような方法でできるのかしっかり確認しましょう。

相続の承認や放棄をした場合、

どのような効果になるのか、

他の相続人にどのような影響を

及ぼすのか(及ぼさないのか)

を含めて確認しましょう。

 

また、相続の承認、放棄は

いつからどの期間内にしなければならないのか、

その例外となる場合も含めて確認しましょう。

 

民法判例集

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋 

試験対策・要点まとめコーナー


約40年ぶりに変わる相続法の概要を簡単にわかりやすく解説

当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


ソフトバンクの回線のwifiルーター

月額2,760円(税抜)〜 

NEXT mobile
関連記事

スポンサードリンク