リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

民法 売買(555~559条)の有名・重要判例

リラックス法学部 判例集 >民法 売買(555~559条)判例集

 

民法555条

民法555条関連判例

・売主の登記義務は売買から生ずる債務であり、

その不履行は541条の債務不履行にあたる。

(大判明治44・11・14)

 

民法541条・556条

 

 

スポンサードリンク


 

民法556条関連判例

・予約者がその権利を譲渡することは

予約義務者の承諾は不要である。

(大判大13・2・29)

 

・不動産の再売買の予約をして、

仮登記後にこの不動産の所有権が

第三者に移転した場合でも

売買完結の意思表示は、

当初の予約義務者に対してするべきである。

(大判昭和13・4・22)

 

民法557条

民法557条関連判例

・履行期が到来した後、買主が代金の準備をして、

売主に履行の催告をした場合は

履行の着手が認められる。

(最判昭和33・6・5)

 

・解約手付がされた売買契約において、

当事者の一方は、自ら履行に着手した場合でも、

相手方が履行に着手するまでは

解除権を行使することができる。

(最大昭和40・11・24)

 

 

・売主が手付の倍額を償還して

売買契約を解除するためには、

買主に対して現実の提供をすることが必要である。

(最判平成6・3・22)

 

 民法558・559条

 

民法判例集トップへ

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋トップへ 


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク