スポンサードリンク

普通裁判籍・特別裁判籍とは?わかりやすく解説

リラックス法学部 民事訴訟法・民事執行法・民事保全法をわかりやすく解説 >普通裁判籍・特別裁判籍とは?わかりやすく解説

 

普通裁判籍

民事訴訟法4条は、訴えは

被告の普通裁判籍の所在地を管轄する裁判所の管轄に属する

と規定しています。

 

普通裁判籍とは、住所地のことですが、

住所がない場合や不明な場合は、

居所となり、居所もない場合、不明な場合は、

最後の住所地が普通裁判籍となります。

 

訴訟の始まりは、

原告が十分な準備をした上で訴状を提出できるので、

一般に被告の方が不利です。

 

ですので、裁判所をする場所は被告の保護を考慮して

規定されているわけです。

 

管轄を決定する時期は、訴えの提起を標準とします。

ですので、訴えの提起後に被告が引っ越しをしても、

受訴裁判所の管轄権はなくなりません。

 

管轄権の有無は、職権探知主義が採用され、

弁論主義が採用されません。

(当事者の申立てによらず裁判所が職権で管轄権の有無について

調べることができます)

 

特別裁判籍

裁判所の管轄には普通裁判籍のほか、

特別裁判籍というものがあります。

普通裁判籍は裁判の類型に関わらず、

一般論として認められる裁判籍ですが、

特別裁判籍は、事件の類型ごとに認められる裁判籍です。

 

 

民事訴訟法・民事執行法・民事保全法をわかりやすく解説


当サイトの索引(キーワードを五十音順に並べました)


精神的な弱さを改善する方法


関連記事

スポンサードリンク