スポンサードリンク

行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法

大学生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本

行政書士受験生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本


【刑法判例】監禁致傷、恐喝事件(牽連犯か併合罪か) (平成17年4月14日最高裁)の要点をわかりやすく解説

 監禁致傷,恐喝被告事件(牽連犯か併合罪か)

(平成17年4月14日最高裁)

事件番号  平成16(あ)2077

 

この裁判では、

恐喝の手段として監禁が行われた場合に,

両罪は,牽連犯の関係となるかについて

裁判所の見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

恐喝の手段として監禁が行われた場合であっても,

両罪は,犯罪の通常の形態として手段又は

結果の関係にあるものとは認められず,

牽連犯の関係にはないと解するのが相当であるから,

上記大審院判例はこれを変更し,原判決を維持すべきである。

 

全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

刑法判例コーナー

刑法の解説コーナー


行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法

大学生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本

行政書士受験生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本


スポンサードリンク

関連記事