スポンサードリンク

行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法

大学生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本

行政書士受験生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本


民法債権総則第399条~第426条のポイントをわかりやすく解説

リラックス法学部 リラックス条文 >民法第399条~第426条

 

 

民法第399条~第426条

 債権総則

民法399条~426条は債権総則を規定しています。

399条~411条が債権の目的、

412条~422条が債務不履行の責任等、

423条~426条が債権者代位権及び

詐害行為取消権となっています。

 

399条~411条では

債権の目的、引き渡しの注意義務について確認しましょう。

また、利息はどのような場合に、

元本に組み入れる事ができるのか、

選択権の行使や選択権の移転、

第三者の選択権についても

しっかりとおさえましょう。

 

次に412条からの債務不履行の責任等について、

どのような場合に

いつから履行遅滞になるのかしっかり把握しましょう。

 

また金銭債務の特則

(債務者は不可抗力をもって対抗できない点など)

も重要ですので、注意して確認しましょう。

 

423条の債権者代位権も非常に重要です。

条文をしっかりと確認し、

重要な判例も多いので判例も確認するようにしましょう。

 

424条の詐害行為取消権も

これまた非常に重要です。

 

詐害行為取消権を行使する事ができる要件を

しっかり確認しましょう。

 

こちらの条文は

「裁判所に請求する事ができる」

となっている事に注意しましょう。

 

詐害行為取消権も重要な判例が

たくさんありますので、しっかり確認しましょう。

 

また詐害行為取消権による取消しの効果について、

また詐害行為取消権を行使できる期間は

いつから何年で時効により消滅するのか、

しっかりと確認しておきましょう。

 

 

民法判例集

民法をわかりやすく解説した初学者の部屋 

試験対策・要点まとめコーナー


行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法

大学生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本

行政書士受験生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本


スポンサードリンク

関連記事