リラックス法学部LINEスタンプ

NEW!質問口調の目次であなたの弱点をあぶり出す!

試験対策・要点まとめコーナー

日常生活に関する法律知識のわかりやすい解説

【聴くだけで、勉強、仕事に集中できる「脳内アップデート」】を実際に購入し試してみました!


スポンサードリンク

民事訴訟法判例の要点をわかりやすく解説

民事訴訟法判例の要点をわかりやすく解説

 

・置留権の権利抗弁 (昭和27年11月27日最高裁)

・「消費賃借の成立を認める」との陳述と自白 (昭和30年7月5日最高裁)

ある金額を訴訟物の全部として訴求し勝訴の確定判決をえた場合における残額請求の許否 (昭和32年6月7日最高裁)

・訴訟上の和解と錯誤 (昭和33年6月14日最高裁)

・契約が代理人によってなされたとの主張の要否 (昭和33年7月8日最高裁)

・離婚訴訟と特別代理人 (昭和33年7月25日最高裁)

証明責任の分配 (昭和35年6月10日最高裁)

・二重売買が民法第90条の公序良俗違反により無効と判定された事例 (昭和36年4月27日最高裁)

・民法上の組合の訴訟当事者能力 (昭和37年12月18日最高裁)

・訴訟代理人の和解の権限の範囲 (昭和38年2月21日最高裁)

・弁護士法第25条第1号違反の訴訟行為の効力(昭和38年10月30日最高裁)

文書の真正の推定(民訴法326条)(昭和39年5月12日最高裁)

・立証についての釈明権の不行使が違法とされた事例(昭和39年6月26日最高裁)

一定金額をこえる債務の不存在確認請求の訴訟物 (昭和40年9月17日最高裁)

無断転貸を背信行為と認めるに足りないとする特段の事情の存否に関する主張・立証責任(昭和41年1月27日最高裁)

・間接事実についての自白の拘束力(昭和41年9月22日最高裁)

標準時後の事情変更(昭和42年7月18日最高裁)

・境界確定の訴えと取得時効(昭和43年2月22日最高裁)

通達の取消の訴えが許されないとされた事例 (昭和43年12月24日最高裁)

・宗教法人の代表役員および責任役員の地位にあることの確認を求める訴と確認の利益(昭和44年7月10日最高裁)

・株主総会決議無効確認請求 (昭和45年4月2日最高裁)

・釈明の内容が別個の請求原因にわたる場合と裁判所の釈明権能 (昭和45年6月11日最高裁)

民訴法70条所定の判決の補助参加人に対する効力の性質およびその客観的範囲 (昭和45年10月22日最高裁)

・代表権と表見代理 (昭和45年12月15日)

引換給付判決 (昭和46年11月25日最高裁)

・遺言無効確認の訴えの適否 (昭和47年2月15日最高裁)

債権者代位訴訟に債務者が当事者参加して第三債務者に対し提起した同一の訴についての債務者の訴訟追行権 (昭和48年4月24日最高裁)

口頭弁論終結後の承継人 (昭和48年6月21日最高裁)

・新会社と旧会社の法人格の同一性 (昭和48年10月26日最高裁)

限定承認の蒸し返し (昭和49年4月26日最高裁)

・ルンバール事件(訴訟上の証明) (昭和50年10月24日最高裁)

・遺言執行者がある場合の受遺者の被告適格(昭和51年7月19日最高裁)

前訴と訴訟物を異にする後訴の提起が信義則上許されないとされた事例 (昭和51年9月30日最高裁)

確定判決に対する請求異議 (昭和51年10月21日最高裁)

・有限会社の社員総会決議不存在確認を求める訴えの提起と訴権の濫用(昭和53年7月10日最高裁)

・弁論主義違反の違法 (昭和55年2月7日最高裁)

既判力 (昭和55年10月23日最高裁)

・弁論再開をしないで判決をした控訴裁判所の措置が違法であるとされた事例 (昭和56年9月24日最高裁)

・遺産確認の訴えの適法性 (昭和61年3月13日最高裁)

・訴えの提起が違法な行為となる場合 (昭和63年1月26日最高裁)

共同相続人間における遺産確認の訴えと固有必要的共同訴訟(平成元年3月28日最高裁)

・重複する訴え(相殺の抗弁) (平成3年12月17日最高裁)

主張、立証責任(伊方原発事件) (平成4年10月29日最高裁)

・入会団体の原告適格 (平成6年5月31日最高裁)

・宗教法人の代表役員たる地位の存否の確認を求める訴えの原告適格(平成7年2月21日最高裁)

事実審口頭弁論終結後における建物買取請求権の行使(平成7年12月15日最高裁)

・相手方の援用しない自己に不利益な事実の陳述 (平成9年7月17日最高裁)

・訴訟上の相殺の抗弁に対し訴訟上の相殺を再抗弁として主張することの許否 (平成10年4月30日最高裁)

金銭債権の数量的一部請求訴訟で敗訴した原告が残部請求の訴えを提起することの許否 (平成10年6月12日最高裁)

・郵便送達についての故意又は重過 (平成10年9月10日最高裁)

・遺言無効確認請求事件(平成11年6月11日最高裁)

民訴法220条4号ハ所定の 「専ら文書の所持者の利用に供するための文書」(平成11年11月12日最高裁)

・具体的相続分確認請求事件 (平成12年2月24日最高裁)

旧民訴法70条所定の効力の客観的範囲 (平成14年1月22日最高裁)

・債務不存在確認訴訟の訴えの利益 (平成16年3月25日最高裁)

・補充送達の効力 (平成19年3月20日最高裁)

入会権確認請求事件(固有必要的共同訴訟) (平成20年7月17日最高裁)

裁量移送の要件(平成20年7月18日最高裁)

民訴法220条4号ハ,197条1項3号に基づく文書の提出の拒絶 (平成20年11月25日最高裁)

・権利能力のない社団による登記請求 (平成26年2月27日最高裁)

当事者の一方の請求に対して訴え却下又は請求棄却の判決を求めるのみの独立当事者参加の申出の適否 (平成26年7月10日最高裁)


サイト内検索 関連記事

スポンサードリンク